お客様のご感想

お客様のご感想

「40代・女性・セラピスト」

背中にフワッと置かれた手のひらの温かさを感じると、さざ波のように穏やかなストロークが始まる。

触れられて始めて疲れている自分の身体を感じた。意識が外から自分の身体へ向けられ、自然と呼吸もスローダウンするのがわかった。

足先から肩先へ、腕から背中、そして腰へと身体をパーツで区切ることない自由なストロークは身体が皮膚一枚でつながっていることを思い出させた。

まるで生まれたて赤子にでもなって、母親に抱っこされているかのような安心感。やさしく包み込むようなタッチ。

平面ではなく立体の身体に曲線を描くストロークと可動域に合わせた無理のないストレッチ

大きな氷を溶かすように、凝りの大きさ深さに合わせ必要な分だけ加えられる精細なプレッシャー。

その心地よさに身をゆだねていると、日常に埋没し、強ばっていた心身が、みるみる緩んでいった。

夢と現実を行ったり来たり、波のようにスウィングしながら、もっと深く、ずっと深く内面へ向かう。

イルカになって大海を泳ぐ夢を見た。

心も身体も解放され自由になった気がした…

深層にアプローチするタッチに意識も深層へ…

忘れていた自分が顔を出す。

まるで雲の切れ間から光がさしこむように本来の自分に戻る特別な時空間。

それが私が感じたスフィアタッチだ。